2012年度大阪府公立高校前期の英語の分析です。解答するとき重要になると思われる部分を取り上げます。

大阪府公立高等学校 一般選抜 CD付 2018年度受験用赤本 30271 (公立高校入試対策シリーズ)

英語A

1 日本語に合うように英語1語を入れるか、〔 〕の中から選ぶ問題である。単語・熟語の基本的な理解があれば正答できる。
2 高校生のMikiとKenjiとBenの3人の会話文と山歩きイベント、スタンプカードを見ながら解く問題である。
(1)(2)はスタンプカードを見ながら解答できる問題である。
(3)本文中Aの直前の一文に注目する。
(4)直後のBenの回答"Sure"に注目する。

3 高校生のShunのスピーチ原稿で、地図を見ながら解く問題である。
(1)~で有名である;be famous for~
(2)~を教えていただけませんか?;Could(Would) you tell me~?
(4)本文中のAのthatの直前"Some of the historic~one hundred years ago"を日本語にすればよい。

4 英作文と5 リスニングは省略。

英語B

1 高校生のEriと留学生のJohnとMr.Hara(原先生)の3人の会話文である。
(5)は日本語から英語にする練習を普段からしていないと難しいと思われる。
(6)は最後のEriの会話にある"I'd like to know~has such a shape."でモーニンググローリーに関して知りたいことが書かれている。

2 高校生のKazuoの英語のスピーチ原稿である。今回は「大阪に住んでいる人々の数の変化」に関する2つのグラフの見極めが重要である。

(1)本文中Aの直後の文"People who make newspapers~information about the news."に方法が書かれている。
(4)2012年度前期の英語Bの場合、小問に英作が組み込まれている。

3 リスニングは省略。