2011年度大阪府公立高校前期の英語の分析です。解答するとき重要になると思われる部分を取り上げます。

大阪府公立高等学校 一般選抜 CD付 2018年度受験用赤本 30271 (公立高校入試対策シリーズ)

英語A

1
〔Ⅰ〕TomoyaとLucyの会話で、ツバメの調査票を見て答える問題である。調査票と会話を見ながら解けば正答できる。
〔Ⅱ〕TomoyaとLucyとMr.Kato(加藤先生)の会話文を読んで答える問題である。
(1)~(3)前後の文から判断すれば解答できる。 (4)本文中Aの直線の内容を指す。

2 Mamiのスピーチ原稿を読んで答える問題である。原稿の中に表が入っている文章を読んで答える問題は定番になりつつある。
(3)不定詞:how to~ what to~ など疑問詞 to~
(4)現在完了の経験;~したことがない。
(5)enjoy,finish, stop;目的語は動名詞。

3 英作文と4 リスニングは省略

英語B

1 高校生のKenとYokoとMr. White(ホワイト先生)の3人の会話文である。
(1)one of 最上級 名詞の複数形
(2)関係代名詞の目的格が省略されている。間違えた場合、関係代名詞の復習をする必要がある。
(4)本文中のdo thatの直前のKenの会話を指す。
(5)形式主語を使った分を作れるかどうか。

2 高校生のMasaoの英語のスピーチ原稿である。
(1)本文中Aの直前の2文;how to go there from the stationとthe time needed to walk thereを指す。
(2)現在完了の経験
(3)本文中のBの直後の文に注目する。地図の測量方法が書かれている箇所を70字以内にまとめる。

3 英作文と4 リスニングは省略