テロの研究をしている者にとってインテリジェンスは必要不可欠な存在なのですが、日本政府にはインテリジェンス専門機関がないようです。

日本にもNSCという組織ができるので今後の動きに注目したいです。
インテリジェンス機関の欠如;http://blogos.com/article/56251/(2014年2月10日確認済み)

専門書のリンク(全てのリンク先はオフィス樋口Booksです。);
引用

「一定の規模以上の国ならどこにでもあるのに、日本には存在しない政府機関があります。 それは、対外インテリジェンスの専門機関です。情報機関とも呼ばれますが、日本にはありません。 主要国どころか、小国でも情報機関を持ちます。日本でもそれに近い機能を持つ部署はありますが、専門にしている政府機関はありません。 いまでも外務省には国際情報統括官組織があります。法務省の公安調査庁調査2部も海外情報を扱います。警察の外事警察も国際的な事案を担当しています。防衛省の情報本部でも外国の軍事情報を扱います。内閣官房に内閣情報調査室(「内調」)があります。 しかし、対外インテリジェンスの専門機関はなく、大国としては珍しい(唯一か?)の例です。」