ブログ版:オフィス樋口

オフィス樋口の受験情報オフィス樋口総合研究所のスマートフォン・携帯版ホームページです。 2018年1月より配信を再開しました。今後ともよろしくお願いいたします。

オフィス樋口の管理人が受験と研究に関するメモを配信します。

インテリジェンス関連の記事

BLOGOSのインテリジェンス関連の記事です。今後の研究の参考になりそうです。

アカデミックライティングで有益なサイト

オフィス樋口が以前所属していた大学院のメーリングリストに、アカデミック・ライティングで有益なサイトが紹介されていました。そのサイトを紹介します。感想については、後日改めて書きます。
  1. 東京大学大学院教育学研究科学務委員会『信頼される論文を書くために』、2010年 http://www.p.u-tokyo.ac.jp/wp-content/themes/p_u_tokyo/pdf/manual/manual_all.pdf
  2. 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部『言葉を大切にしよう--論文・レポート作成の心得 2011』 http://www.l.u-tokyo.ac.jp/assets/files/student/kotoba.pdf

日本国内の生物テロ対策

厚生労働省による生物テロ対策のホームページを発見しました。今後、テロの事例分析と政府・国際機関によるテロ対策の事例分析で有益なものがあれば随時更新します。

今回参考にしたホームページのタイトルとアドレスは次の通りです。
続きを読む

ヘリテージ財団の『The Fiscal Cost of Unlawful Immigrants and Amnesty to the U.S. Taxpayer』

アメリカの保守系シンクタンク、ヘリテージ財団の『The Fiscal Cost of Unlawful Immigrants and Amnesty to the U.S. Taxpayer』が話題になっているようです。報告書を読み終わったら感想を書きます。


参考にした記事は、広瀬隆雄『保守系シンクタンク、ヘリテージ財団の『不法移民への市民権付与が国庫に与える負担』に関する報告書が物議』です。

日本版NSCに関連する記事

国家安全保障会議(日本版NSC)に関する記事のリストです。専門書の諸表、記事については随時更新します。

軍や安全保障関係の人向けのサービスとは・・・

元の記事のタイトルは「米メディア、軍や安全保障関係業務の人向けに新サービス」です。


引用

「アメリカのアトランティック・メディアという会社が、国防や国家安全保障関係の業務に就いている人向けにディフェンス・ワンというサービスを起ち上げる予定なのだそうです。 btobonline.comが報じています(2013年5月16日付け)。同社はガバメント・エグゼクティブネクストガブといった政府機関向け職員(軍人含む)のサイトの運営元ですが、今年夏に起ち上げるのがディフェンス・ワン(Defense One)。」

続きを読む

国際関係論に関連することで…

国際関係論に関連する記事で、「ウォルツの死亡記事」があったので、取り上げることにした。政治学の専門書で国際関係論のカテゴリーを見たのですが、ケネス・ウォルツ教授の著書は登録されていませんでした。近いうちに政治学の専門書に登録します。


今回は、「ウォルツの死亡記事」の中から注目している個所を引用します。

続きを読む

2度の急落、先物市場が震源

日経ヴェリタス第273号(2013年6月2日~6月8日)の第4面
「2度の急落、先物市場が震源 海外ヘッジファンドが主犯?警戒なお続く」より引用

*著作権のため、記事の詳細については公開していません。

続きを読む

『立憲主義の政治経済学』(メモ)

藪下史郎監修・川岸令和編著『立憲主義の政治経済学』の第一部を読んで、有益なサイトとオフィス樋口の今後の課題をあげます。

政治学の専門書に登録されていません。登録次第、オフィス樋口総合研究所でお知らせします。


(1)フェデラリスト

続きを読む

「大学生のためのレポート・論文術 新版」の感想

2013年2月28日、オフィス樋口総合研究所のリンク集にこの本で取り上げられたデータベースの一部を追加しました。


新版 大学生のためのレポート・論文術 (講談社現代新書)

続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ